日本の企業力 訪問ブログ

2017.02.16

ビーアールホールディングス(1726)

IMG_0543ビーアールホールディングス

本社:広島県広島市東区光町2-6-31

2017年2月16日 AM10:00訪問。

管理本部 管理部長 卜部穣様。

 

当社は昭和23年に鉄道砂利工業として創業した極東工業が平成14年に単独株式移転という形で設立されました。

 

 

東証二部上場の中、様々な合併やM&Aを繰り返しながら、平成28年には東証一部に鞍替えとなりました。

 

IMG_0544

当社はグループ会社である極東興和が鉄道線路の砂利、枕木、コンクリートに関するビジネスに始まり、現在は中国、関西地方を地盤にPC(プレストレスト・コンクリート)構造物の設計、構造、販売を行っています。

他にも子会社にソフトウェア開発企業を有する等の特徴があります。

 

もともと売上を占める公共事業の割合は非常に高かったものの、現在有効なM&Aや技術力向上、営業などにより民間の受注も増えているとの事です。

 

受注に際して建設会社を評価する機会があり、グループ会社の極東興和は全国でも高い評価を得ているとの事です。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高い評価の裏付けとなる高い技術力確保の為、人材取得及び育成にはとても力を入れており、特に業務遂行で必要となる主要資格取得の推進はIR資料などにも公開されています。

 

また、2020年開催の東京五輪に関するビジネスや、北海道以外に拠点を設けており全国横断的なビジネス等に積極的に取り組んでいます。

 

東証一部への鞍替えを契機に一層の飛躍が期待される当社について、引き続き動向を注視して参ります。

 

面談者 福山支店長 高宮。

タグ