日本の企業力 訪問ブログ

2015.01.21

技研製作所(6289)

IMG_8657株式会社 技研製作所

高知県高知市布師田3948-1。

 

平成26年11月26日(水)AM10:00訪問。

IR担当者:管理部 部門リーダー 松村弘康様

      企画課リーダー 河野知誠様

 

油圧式杭圧入抜機等を製造している企業です。

防災意識の高まりから、主力の建設機械が管民需とともに需要が

高まってきております。

 

名前の由来は「技術を研ぎすます」という意味を込めてつけられました。

 

1967年1月に高知技術コンサルタント創業。土木事業を開始致しました。

1994年に高知本社内に耐震地下駐車場「エコパーク」が完成。

1998年に高知工科大学内に耐震地下駐輪場「エコサイクル」を完成致しました。

その後、県内のみならず首都圏でエコパークとエコサイクルの納入事例が増加しております。

また2007年1月をもって創立40周年を迎えました。

 

IMG_0902 当社は1975年に無公害杭打抜機「サイレントパイラー」を世界に先駆けて開発、

 実用化を図っており、圧入原理の優位性を原点として機械・工法の開発を進めております。

 またその結果、世界的に実績を積み重ねておられます。

 

 “工法革命”。

 世の中に貢献する独創的な「物」や「方法」を創造する発明力。

 圧入の家元として蓄積した技術を体系化し、総合的に支援する遂行力。

 建設の五大原則を高度に順守するシステム工法を開発する解決力。

 施工フィールドを化学的アプローチで構築する実証力。

 全ての力を持ち、自流独創・圧入を進化させる技研の力であり、また新しい時代に

 新しい業界を創造してきた主軸を成すものが「工法革命」です。

 「構造革命」で構造物を変え、「工法革命」で建設を変えていく事で建設工事のあるべき姿

 を目指し、“国民の視点に立って建設の本来あるべき姿”を具現化する事だと思います。

 まだまだ震災の復興活動、2020年の東京五輪に向けインフラ整備は欠かせないものと

 思われます。

 

                            また当社では「地上に文化を、地下に機能を」というコンセプトを基に、

                            圧入技術の枠を集めて完成させた耐震地下駐輪場「エコサイクル」、

                            耐震地下駐車場「エコパーク」も強みの一つです。

IMG_7789地下に施工する事で省スペースでコンパクトな設計になり、なにより迷惑駐車を解消し環境配慮の街づくりに必須アイテムとなってくる事だと思います。

エコサイクルでは2007年 ものづくり日本大賞、

2003年 グッドデザイン賞を受賞。

またエコパークでは2007年に日本ベストパーキング特別賞を

受賞しております。

ここ最近ではメディアでも多く取り上げられております。

まだ私が住んでいる九州では納入事例はほとんどありません。

隣県の福岡市内に行くと自動車等が様々な所に停まっている光景を見ます。

福岡市内での納入は期待したいと思います。

現在、納入事例はほとんどが首都圏や大阪ばかりですが、         

今後は地下の有効活用で街は大きく変わっていく事と思います。

 

技術への更なる挑戦とアイディアの融合、そして社員一人一人の技術に対する熱い思いを強く感じました。

海外向けでの拡大を意識しておられ、今後はグローバル企業としての活躍を期待しております。

タグ
,